My HASHI Stories

生分解性プラスチックは環境にやさしい?

皆さん、はじめまして!マネジメントのほんみーと申します。11月より、HASHIのメンバーとして活動しており、今回が初のブログ投稿です!私がHASHIに加入した理由の一つに、食品包装の問題に興味があったという点が挙げられます。皆さんの中には、最近食品包装の仕方が徐々に変わってきていると感じている人もいるのではないかと思います。パッケージが紙に変わったり、中には「生分解性プラスチックを使用しています。」との表示があるものもありますよね。
なんとなく環境に良さそうな生分解性プラスチックですが、そもそも生分解性とはどういうことなのでしょうか。手元の三省堂国語辞典で引いてみると、「地中や水中の微生物によって分解される性質」とあります。さらにいえば、最終的には二酸化炭素と水まで分解されるということです。ですが、ここで2つ問題があります。
①分解に要する期間についての定義が曖昧一部では、「180日以内に、60%が分解する」といった定義が設けられていることもありますが、全世界的な基準はないため、何をもって生分解性プラスチックと言えるのかが不明瞭です。②全ての環境で生分解するわけではない一般に、土壌では分解しやすいが、水中では分解しにくいといわれています。プラスチック汚染は、主に海洋で問題になっているため、生分解性プラスチックが解決の有効な手段とは言い難い状況です。
これらの問題から、生分解性プラスチックが環境にやさしいとは言い切れないのが現状です。しかし、多くの人が生分解性プラスチックをはじめとする、食品包装の変容に興味を持つのは、前向きに捉えられるべきことだと思います。一人一人の意識や関心があってこそ、問題が解決に向かうと思うからです。今回のブログのカバー画像は、代表が修学旅行中に撮影したものですが、そうした自然な形で食や環境の問題に、アンテナをはっている人が増えていったらいいなと思います。皆さんも今度、コンビニやスーパーにお買い物に行かれるときには、ぜひ食品包装の工夫に注目してみてください!
そして、今週末にHASHIの記念すべき第1回目のイベントが開催されます!!少しでも興味ある方は、下記のリンクからドシドシお申し込み下さい!メンバー一同、心よりお待ちしております♪
ー小学校高学年から中高生の皆さんーこの度学生団体HASHIは、皆さんを楽しいFOODIEs’ Camp へと招待します!!食x環境をテーマに活動する学生団体HASHIの定期オンラインイベント、FOODIEs’ Campに参加しませんか?今回のお題は:ミートレスな食生活について
最近話題の“ミートレス“。お肉を食べる量を減らした食事のことを言いますが、環境や食糧問題とどんな関係があるのでしょうか?ミートレスを知るところから初めて、参加者の皆さんには、実際にミートレスな食事メニューを考案、実践そして周りに広めるチャレンジにも挑戦していただきます!*日時:2021年12月19日(日) 14:00-16:00 *場所:Zoom*定員:30名*対象:小学校高学年ー高校生の皆さんと、その保護者の方々*無料イベントとなっております。*申し込みフォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdqsJSVDsMw8Gz6DF1qfzkVNBUVMjkBTf8l7GYdSpKOqRwOrw/viewform?usp=sf_link上記のリンクより、イベント当日の正午までにお申し込みください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
ほんみー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。