My HASHI Stories

サステイナブルの拠点を目指す新しいスタバ☕

こんにちは、ソーシャルメディアチームのきょうかです。先日、12月1日にオープンしたばかりのスターバックス「皇居外苑 和田倉噴水公園店」に行ってきました!そこは他の店舗と違い、サステイナブルな取り組みをたくさん行っています。今回はその新しいスタバについてご紹介したいと思います!【他のスタバとどう違うのか❓】・スターバックスが世界自然保護基金(WWF)と共同策定した、環境に配慮する店舗のための国際認証「Greener Stores Framework」を取得した日本第1号店。・この基準に基づき、既存店に比べてCO2排出量を約30%水の使用量を約20%、店舗から出る廃棄物量を約40%削減する。・日本において環境配慮のさまざまな観点から新たなソリューションを試験的に導入、検証する「サステナビリティ ハブ(拠点)」と位置づけ。・2030年までに二酸化炭素、水使用量、廃棄物の50%削減を目指すスタバのグローバルコミットメントの実現を目指す
【取り組み紹介】

カップの工夫店内⇒使い捨てカップを削減するため、マグカップまたは樹脂製のグラス
店外利用者⇒繰り返し使用できる「リユーザブルカップ」を通常料金よりも安い110円(税込)で購入できる、同社が丸の内エリア限定で現在試験導入しているドリンク容器の貸し出しサービスやマイタンブラーの持参を推奨
通常店舗に比べて使い捨てカップ使用量の約75%削減を目指す

内装リサイクル素材の資材を積極的に採用。店内のアートは、廃棄予定のキャンバスや糸、漁網を再利用して制作。照明にはリサイクルガラス和紙を採用している。家具は、国産木材を100%使用して修理を繰り返しながら長く使い続ける予定。

ショーケースをなくすレジ横でフードの陳列ケースの設置をなくす。デジタルサインでフード商品が表示。注文を受けてから商品を準備することで期限切れフードのさらなる廃棄削減を目指す。

新オペレーション自律分散型水循環システムを開発するWOTA株式会社と協業したクリーンステーションを店舗内に導入。
スターバックスとしては初となり、手洗い時に使用する水の98%以上を循環利用される。

【行ってみての感想】天井が高かったり、窓が広かったり、外も広かったり、、など、とても開放的な空間でした。椅子も国産木材を100%使っているだけあって座り心地や触り心地が良かったです。店舗限定の「和三盆アーモンドミルクフラペチーノ」と期間限定の「とーステッドホワイトチョコレートフラペチーノ」をリユーザブルカップとレンタルタンブラーで注文してみました。どちらもとってもおいしかったです。特にタンブラーの方は冷たさもキープされて良かったです!

また、食に関することではないのですが、オールジェンダーのトイレもあり、SDGs達成へ様々な面から取り組んでいて感激しました。

店舗の外にあるこのマイボトル給水スポットは皇居を走るランナーに向けて作られたそうです!

まだ、休日は混んでいるかもしれませんが、新しい取り組みを知ることができ、とても気持ちいい空間なのでぜひ行ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。