My HASHI Stories

団体始動――HASHI つながろう 【再掲】

Hi!こんにちは!HASHI初のブログは、代表のマコが担当します!
私たちは、食糧問題を軸として、特に環境破壊に繋がっているところをメインに、社会全体の意識向上と、若者が、自治体や政府、企業、農家の方々、消費者の橋渡し役になるということを活動の柱に掲げています。
普段から食事をするときに使う箸。橋渡し役のHASHI。生産から廃棄に至るまで、食糧生産システムの、端から端まで。HASHIにはこれらの意味を込めました。
いったいどういうことなのか。メンバーによって価値観や考え方は様々ですが、私は”つながり”を意識して、途切れないようにすることの大切さを一番伝えたいと思っています。
ご飯はみなさん一人ひとりにとって欠かせない、毎日必要なものだと思います。しかし、その原材料がどこでどのように生産されているのかは本当に多種多様です。なにげなく普段売り場で手に入る食材たちは、一方は地元の農家さんが生産したもので合ったり、一方では地球の裏側のブラジルなど、日本からかけ離れた時間をかけてやってきたものもあります。
こうして何気なく売り場に並ぶ食材たちが実は、生産→(輸送)→加工→販売→消費→廃棄の色々な過程で、環境に負担をかけてしまっていることはご存知でしょうか?

私がこの団体の創始メンバーに対して、私がどのような思いで、どこに問題意識があるのか、手書きで書き出したものがあるのでご覧ください。

FACT と PROBLEMS に分けて時間軸を横で表して書いたものを、他のメンバーにも説明していました。
生産過程では、農薬の過度な使用や工業的畜産が引き起こす土壌汚染、干ばつ、気候変動、森林破壊、、、。言い始めたらキリが無いくらいの問題があります。畜産に関しては、畜産そのものに使用する土地や家畜が排出する温室効果ガス以上に、必要になる飼料の栽培や水の供給が莫大なため、植物を育てるよりも一段と環境に負担がかかります。
あまり知られていませんが、食糧を輸送することによる温室効果ガスの排出量とても大きなインパクトを持っていて、輸送する時間が長ければ長いほど、地球温暖化に貢献していることになります。
また、加工の段階では、主に工業的な農法で安く大量生産された食肉や小麦粉がファストフードに、他にも多糖飲料や過度にカロリーの高く栄養価が低い食べ物が作られます。これは、環境に直接関係はありませんが、このシステムを支えている一つの過程として、そして人々への健康被害を及ぼしている大きな一因としてとても重要な問題です。
販売時、食品は必ずと言って良いほどプラスチックに包装されています。特に日本では、お菓子が個包装になっていたり、皮がついている果物や野菜も厳重に包まれていたりと、そのプラスチック包装が過度であることが昨今話題になっています。プラスチックは、廃棄の面でも問題になってきますが、既に河川や海に流れ、マイクロプラスチックとして私たちを含む生物の体の中に入ってきています。
また、販売の過程と少し似ていますが、消費者の多量な食品廃棄物の排出も、日本を含め世界各国で起こっています。特に、まだ食べられるはずなのに捨てられた食品「フードロス」の多さは日本は先進国でもNo3に入るレベルにいます。これは廃棄の段階で燃やされることによってCO2を排出する、または埋め立てされて強烈な温室効果ガス“メタン“を排出し、温暖化をさらに加速させています。
この全体の図を見てわかると思いますが、この状態だと、どこも資源が循環していないですよね。使うだけ使って、土も水も、プラスチックもその他の資源も、全て“ポイ捨て“状態な気がしませんか?これをなんとかして循環させたい!と私たちは考えています。
パッと説明しただけでもこんなに長くなってしまって、ではあなたは一体どこの何をやりたいんですか、と聞きたくなると思います。
はい。そうなんです。長いんです。複雑で、相互に色々なところが関係していて、だからこそここ!と絞って理解をすることはできないと私は思っています。この全体の流れをまずはもっと世界中の人たちに知ってもらい、どのようにしてこのシステムに属しているのかという自分たちの立ち位置を把握できるようになれば、普段の生活の中でも気づきが増えてくるんじゃ無いかと思います。
資源を循環させるというのは難しく聞こえますが、皆さんに流れを知ってもらって、一つ一つでの過程のつながりを大事にしてもらうこと、この食べ残しは肥料に戻せないかな、これからは加工食品ではなくて自分で料理をしてみよう、とか、一つ一つの行動の裏に何か影響がないかどうか、考えてみてほしいです。

私たちは、様ざまな立場の人との関わりを若者代表としてもっと強くして、食糧循環社会へと一歩リードしていきたいなと思っています。
読んでくださり、ありがとうございました!
HASHI 代表 Mako Shibata 吉祥女子高校2年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。