My HASHI Stories

Foodies Festivals 〜フェス開催は資本集め〜

ども〜!みなさんお元気でしょうか?いろんなことがペースダウンしました、ECのブルでございます。前回私が綴ったブログでは、自分の夢であるFoodies Festivals(以下FFs)をさわり程度に紹介しました。
 今回は「FFsを開催した後に行いたいこと」を綴ります。重要であるFFsの企画内容をとばす理由については、みなさんの広く温かい心で流していただきたいなと思っております笑。
 さて、みなさん!サブタイトルは読んでいただけましたか? 
え⁉︎ 衝撃を受けた⁈ NICEリアクションですね〜👍 そうなんです!世界的に開催したいFFs 、実はただの資金集めの手段なのです‼︎ 前回のブログに書きましたが、FFsは「飢餓を0に」を達成するために行います。経済的なメリットが連想できたことから、オリンピックを基に思いつきました。本題から逸れましたが、FFsでうまれた利益は主に「貧困地域の地質調査」に充てたいと思っています。調査を行うことで、その土地に適した食物の生産へとスムーズに移行させることが目的です。それが進むと次のステップ、その土地に住む人々に適した給食の製図「献立表」の作成へと進めます。と言ってもターゲットの健康状態が分からないことには進められないので、WHOを中心に医療機関の協力が必要不可欠です。給食を作ることができれば、彼らが摂取したエネルギーを消費する方法を用意すればいいと思っています。すなわち学びの場学校, 給食を支える農業などの職場, 運動の場スポーツセンターなどなど。ここまでが私が考える国単位での成長の土台作りです。この土台作りを貧困地域で展開していくことで、飢餓人口減少に繋げるのが私のプランです。
 このプランを思いついたときに、各ステップで莫大な費用がかかることが容易に想像できました。資金集めの方法を考えるにあたり、「楽しければみんなお金出すでしょ!」というあんちょくな考えから今のFFsを思いつくに至ります笑。
国の土台作りに必要な資金を集めるために私はFFsというビッグイベントをコーディネートしていきます!
 最後まで読んでいただきありがとうございます😊 次回もお楽しみの〜
 I move just like a bull. EC-team ブルより

 ※私のブログを読んでくださる皆さまへ※
このブログをみていただきありがとうございます!載せ忘れていましたが、私ブルはADHDという特性を持っています。故に要点が見えない、話がいろんなところにとぶ傾向が強いです。それでも読んでいただけたことに感謝します。このブログを読み終えたときにみなさんがほんわかしてくれると私はとっても嬉しいです!これからもHASHIをよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。