My HASHI Stories

命を頂くということ〜隠岐の島の食事から〜

皆さんお元気ですか?マネジメントのほんみーです。
私はつい先日まで隠岐の島という島根県の離島に行っておりました。日本史を勉強された方なら、後鳥羽院が島流しをされた場所としてご存知の方も多いかもしれません。古くから信仰を集めた霊験あらたかな神社や、日本とは思えぬ雄大な自然に触れることができ、とても充実した時間を過ごせたのですが、食生活から少し考えたことがあったので、今日はそのことについてお話しします。

隠岐の島は様々な動物と共生している島でもあり、そのうち西之島と知夫里島(ちぶりじま)という島では牛や馬が放牧されていて、まさにサファリパーク状態!道端にも普通に牛がいて、父のドライブ中に道を塞がれてしまったこともありました(結果的には退いてくれたのですが)。その後、ホテルでの食事では隠岐牛が出てきました。普段は特になんというわけもなく食べるお肉ですが、彼らの暮らしぶりを見ただけにその時だけは特別な気持ちが溢れてきました。それは、可哀想で食べられないというよりは純粋な敬意と感謝です。これまでお肉を食べた中で最も印象深い出来事となりました。

この経験から、私は消費者が生産過程を認識することの大切さを感じました。皆さんは今日食べたものがどんな環境で作られたものなのかご存知でしょうか。私を含め、ほとんどの人が生産過程を知らないまま、毎日の食事をしていると思います。ですが、生産過程を知ることで自然と命を頂くことへの感謝も生まれ、日々の食生活をより充実したものにできるのではないでしょうか。これは、牛や豚といった家畜に限らず、魚や野菜でも同じことです。そうすれば、食品ロスも自ずと減るでしょうし、生産過程を身近に感じられる地産地消の推進につながっていくのではないかと感じました。

Receiving life~ From meals in Oki Island~
How are you guys doing? I went to Oki Island in Shimane Prefecture last week. It was known as a place for exile in ancient times. We could visit sacred shrines and see great landscapes, so we had a good time. Also, I came up with some thoughts about eating habits, so I’d like to talk about it today.

People in Oki Island live with many kinds of animals such as cows and horses. Surprisingly, animals walk around the island freely, so you can often come across them. It was interesting for me because I hadn’t seen the life of cows in spite of eating meat almost every day. After that, I ate Oki Beef for dinner. I felt special feelings like respect. It was the most impressive meal ever.

Through this experience, I recognized how important consumers knew the production process. Have you imagined the life of livestock or fish when you eat?
I think most people haven’t. However, knowing the production process leads to fulfilling eating habits. Also, you will be thankful for eating naturally. If many people do so, I expect food loss will decrease and more and more people are becoming conscious of “local production for local consumption”.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。