My HASHI Stories

もったいない精神

 こんにちは。smのハルカです。私事ですがこの度校内で行われた英語のスピーチコンテストで第3位になりました。わーい🙌今回はその内容に関連したお話をしていきたいなぁと思っています。


 題名はSave the environment with MOTTAINAI spirit (もったいない精神で環境を守る)です。日本特有のもったいない精神で環境汚染をなくしていこうという内容となっています。
実はもったいないという言葉は日本語のみにあって、他の言語に訳せないのです!語源は仏教用語の”勿体”で威厳がない、という意味です。みなさんも恐らくまだ食べられるものや使えるものが捨てられるのを見て勿体ない!と思ったことがあると思います。
 そんな皆さんにここで質問です。みなさんは林檎の皮をどのようにして剥いていますか?全部剥いてしまう方が多いと思いますが、これでは皮と実の間にある栄養が一番含まれているところまで捨ててしまっていてもったいないです!そこで私は林檎を🍎→このように矢印の方向に輪切りにするか、うさぎの形に切ることをオススメします。そうすれば皮の渋みはあまり感じずにもったいなく無くなります。


 

 もう一つ質問です!みなさんは着れなくなったワイシャツやボロボロになったタオルはどうしていますか?我が家ではそのまま捨てずに切って雑巾にしてそれが使えなくなってから捨てています。大晦日に貯めておけばなかなか活躍してくれるのでオススメです。


 私はこの言葉はリデュース、リユース、さらにリスペクトができるとても素敵な言葉だと思います。
このように日本には「もったいない」という魔法の言葉があります。この言葉がふと出てきただけで日本人は再利用したり、削減したりできるのです!みなさんももったいないという気持ちを大切にして是非実行に移してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。